大相撲 三段目で事故 取組中に響龍が頭から土俵に。全く動けず

目次

土俵と俵に詰まる感じで頭部から首に衝撃

画像引用 NHK大相撲

すくい投げをかけられ、手をつかずに頭から落ちる大相撲ではよくある取り組みの様子ですが、今回は土俵に強打しつつ俵に引っ掛ける感じになってしまっています。

脳震盪であっても身体に影響はあるわけですが、最悪頚椎などの損傷もありそうです。

頭から落ちる勝負根性をみせた力士の負傷は心が痛みます。

2021年3月27日12時現在、響龍さんのその後の容態などの情報を相撲協会は発表していません。
公益法人としていかがなものでしょうか?
【現在まで分かっている状態】
首から下は痺れていて動かすことが出来ない状態
【27日16時追記】
師匠の境川親方(元小結・両国):一生懸命、治療に専念しております。それだけを伝えてください

格闘技競技での負傷例

【現在こちらの記事もよく読まれています】

大地震や大雨などの自然災害で自宅を失った場合、住宅ローンはどうなるのか?火災保険や地震保険の本当を解説

怖いのは東海地震だけじゃない 名古屋近郊で起こるかもしれない巨大地震の例と震度分布

名古屋市から琵琶湖東岸エリアまでが壊滅的な被害を受けるかもしれない、養老-桑名-四日市断層帯で発生する大地震

発生したら大阪が壊滅する可能性のある上町断層帯による大地震 予想震源などもご案内 見て知って減災を!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる