笠松競馬不正馬券購入事件で処分を受けた騎手および調教師の氏名一覧 所属騎手の殆どがアウトの巨大組織犯罪

岐阜県笠松競馬内で行われた不正馬券購入事件で処分が行われ、公表されました。
先に発覚していた元騎手(佐藤友則・島崎和也・山下雅之)と調教師(尾島徹)に関しては永久追放処分となる永久期間の競馬関与禁止、その他の騎手や調教師には長くて5年、軽いもので戒告処分といった具合です。

ミルシル的には関与確定で永久追放でいいと思うんですけどね?

追放者が多くて笠松競馬が存続できなくなるのであれば、廃止でいいのでは?と思いますね。

過去にオグリキャップやオグリローマンの兄妹、ライデンリーダーなどを輩出した地方の名門競馬場ですが、堕ちたもんですね。

東川公則は地方競馬で2786勝 中央でも5勝 G1騎乗経験あり
大塚研司は笠松の騎手会長


てか、数年前の一覧表全部アウトっていうやばさ!!

現在笠松競馬は開催自粛となっていますが、開催するとしたら、騎手が足りないという状況に陥りそうですね。
名古屋などからレンタルで騎手を借りてくるのでしょうか?
先述しましたが、笠松競馬は廃止でいいのではないでしょうか?
これだけ大きな組織犯罪を起こしておいて競馬場存続? ありえないですね。
現在所属している競走馬が引退するまでという条件付きならいいと思いますけどね。

存続したとしても、八百長やら色々とまたやらかしそうですよね。

【今回の処分の実名一覧表】

【笠松競馬 不正 関連の記事】
「馬は話せない」八百長の立件は断念 不正で51人処分 笠松競馬

笠松競馬における不適切事案にかかる関係者の処分及び再発防止策について

笠松競馬不正問題 岐阜県調騎会会長 信頼回復への思い語る

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる