KMバイオロジクスの新型コロナワクチンの最終治験が10月からスタート!大規模臨床なので参加者が大量に必要!治験を受けたい方への申込み方法などをご案内!

目次

抗原そのものを注射する不活化ワクチン

KMバイオロジクスの新型コロナワクチンは、抗原そのものを注射する不活化ワクチンです。
インフルエンザワクチンや日本脳炎ワクチンとして運用されてきた長い歴史のある安定性と信頼性の高い方式で生成されるワクチンとなります。

ファイザーやモデルナといったmRNAワクチンは接種した後に体内に抗原を生成するもので、どうしても予期せぬ免疫反応の事故が起こる可能性があります。
国内でも報道されているような副反応による悲惨な事故はこの接種後抗原を作る方式が大きく影響しています。
そしてmRNAワクチンはヒト科に実用化されるのは今回のコロナワクチンが最初です。

mRNA、不活性化ワクチンそれぞれのメリット

【mRNAワクチンのメリット】
①大量生産が容易
②作成時に新型コロナウイルスを使わない製造時の安全性
生産時の安全性メリットのみですね

【不活性化ワクチンのメリット】
①投与実績のある安心感
②既存の不活化ワクチンの製造ラインを使用可能
③安い
利点が多いのが不活性化ワクチンです。

治験への参加方法

こちらから参加申し込み

上記バナーより【会員登録】後、会員専用ページ内の新型コロナ関連のところから参加可能です。
登録には免許証など住所や生年月日が証明できるものの提示が必要です。
スマホで撮影したもので問題ありませんので事前に用意しておくとスムーズに登録が出来ます。

①治験参加で国産ワクチンの接種が出来ます
②医療機関でメリット・デメリットを丁寧に分かりやすく説明を受けられます。
③説明を聞いたあとにキャンセルも自由
④治験参加後のアフターフォローもしっかり!
この条件で国産ワクチンを打てるのは治験期間の今だけです!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる