トカラ列島近海震源の群発地震はプレスリップの可能性?巨大地震の前触れ? 該当エリアで想定されている地震の規模について

4/9の夜から始まったトカラ列島近海震源の群発地震は4/11午後になっても継続しています。
このしつこいほどの群発地震に関して「プレスリップなのでは?」との声が出ています。

【プレスリップとは?】
大きな地震の前に、震源となる断層の破壊を誘導する断層の割れ目を作る微小な地震のことです。
地震の前兆現象とされています。

目次

当該エリアでの巨大地震の想定規模は?

M8からM9
最大規模では東日本震災のM9.0を超える可能性もあるとされています。
M8ですと喜界島地震M8がいいデータになりそうですね。
喜界島地震では奄美で震度6 沖縄本島でも震度5の揺れが記録されています。
奄美では5mを超える津波も観測されています。


【トカラ近海震源の群発地震 4/11の状況】
4/11も21時前までに70回以上の有感地震を観測しています。
依然として活発な状態です。


【トカラ列島近海 地震 関連の記事】
トカラ列島近海で1日に100回近い群発地震発生中!過去に同様の動きはあったのか?このエリアで想定されている地震の規模や鬼界カルデラとの関連性など

鬼界カルデラの破局噴火で南九州の生存率は果てしなく0% 人類の近代知識を持ってしても対処不可能な悲劇が起こる可能性がゼロではない件 トカラ列島近海震源との関連は?

トカラ列島周辺はプレート型の巨大地震警戒地域 トカラの法則発動かとネットでは話題に。

【プレスリップ 前兆すべり 関連の記事】
東日本大震災の前兆すべり観測できず 問われる予知体制

東海地震の予知シナリオはここ十年で大きく変わった

南海トラフ沿い巨大地震は予知できるか? – 気象研究所

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる