アメリカ国立衛生研究所発表!ファイザー・モデルナ・ジョンソン・エンド・ジョンソンのワクチンの交差接種の安全性確認

目次

安全性を確認

アメリカ国立衛生研究所はファイザー・モデルナ・ジョンソン・エンド・ジョンソンの各コロナワクチンを交互に接種する交差接種は安全であるとの調査結果を発表しました。

安全であるといっても既に公表されている発熱率や副反応はそのままなんでしょうけどね。

新たな副反応はないという事なんでしょうね。

ちなみにジョンソン・エンド・ジョンソンを最初に接種した人が、ファイザーやモデルナのワクチンを接種した場合、2度目にそのまま ジョンソン・エンド・ジョンソン製のワクチンを打つよりも高い効果が得られたとのことです。
これは ジョンソン・エンド・ジョンソンが承認されていない日本には関係ないですね。

日本国内も若年層のモデルナ接種に関しては交差接種を解禁

日本でもモデルナの若年層の男性の心筋炎のリスクに対応する形で2回目はファイザーを打つことが可能となり、限定的な交差接種が解禁されました。



今後、国産ワクチンの承認などで選択肢が拡がる日本ですが、全面的に交差接種の解禁が待たれるところです。

世界的に審議されつつあるモデルナ製ワクチンの心筋炎リスク。

国内ワクチンの状況

現在日本ではファイザーやモデルナのmRNAワクチンとは違う型のワクチンである不活化ワクチン・組み換えたんぱくワクチンの臨床試験が行われています。

接種してから体内に抗原を作るmRNAは言ってしまえば接種してみなけりゃ分からないワクチンで想定外の免疫反応を起こす事例があるワクチンです。
国産として臨床試験中の不活化ワクチン・組み換えたんぱくワクチンは抗原そのものを接種するのでmRNAほどの激しい免疫反応を起こすことは少ないと言われています。

ワクチンの説明は以下のリンクから

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる