今更聞けない新型コロナワクチンの種類とメカニズムをご紹介!国産ワクチンの紹介と治験情報もあり

目次

ワクチンの種類と対ウイルス・病原体メカニズム

世の中にはコロナワクチン以外にも多くのワクチンがあり、現在実用化されているものは大きく分類して6つとなります。

生ワクチン

病原体であるウイルスや細菌などを弱毒化し病原体が「生きたまま」投与するもの
【リスク】
接種が原因で感染するリスクがある
【生ワクチンで有名なもの】
BCG
麻疹・風疹混合 (MR)
ロタウイルス
水痘
風疹
流行性耳下腺炎(おたふく)
帯状発疹

不活性化ワクチン

病原体を「殺した」状態で投与するもの
【不活性化ワクチンで有名なもの】
百日咳・ジフテリア・破傷風・不活化ポリオ混合 (DPT-IPV)
百日咳・ジフテリア・破傷風混合 (DPT)
インフルエンザ菌b型 (Hib)
B型肝炎
インフルエンザ
ヒトパピローマウイルス (HPV):2価およびに4価
日本脳炎

【リスク】
免疫の維持・継続時間が短い以外は特になし

【新型コロナワクチン】
KMバイオロジクス製コロナワクチン


組み換え蛋白ワクチン

病原体の一部を組み換え技術を使い投与するもの
【組み換え蛋白ワクチンで有名なもの】
帯状発疹
B型肝炎
破傷風
百日咳

【リスク】
特になし

【新型コロナワクチン】
塩野義製薬製コロナワクチン
ノババックス製コロナワクチン

ウイルスベクターワクチン

病原体の設計図を別の運び屋であるウイルス(ベクター)に乗せ換え投与する

【リスク】
ベクターウイルスに感染する可能性・副反応の可能性
過剰に抗原が生成される可能性

【新型コロナワクチン】
アストラゼネカ製コロナワクチン
ジョンソン&ジョンソン製コロナワクチン

DNAワクチン

病原体の設計図の一部をDNAに乗せて接種する

【リスク】
投与したDNAが体内に残る
過剰に抗原が生成される可能性

【新型コロナワクチン】
アンジェス・阪大・タカラバイオ製コロナワクチン

mRNAワクチン

病原体の設計図の一部をmRNAに乗せて接種する

【リスク】
過剰に抗原が生成される可能性

【新型コロナワクチン】
ファイザー製コロナワクチン
モデルナ製コロナワクチン
第一三共・東大医科研製コロナワクチン

国産ワクチン治験について

10月より国産ワクチン開発各社の臨床試験が本格化しています。
治験参加については以下の記事にてご案内しています。

新型コロナ国産ワクチン接種(治験)を受けるには?

上記バナーより【会員登録】後、会員専用ページ内の新型コロナ関連のところから参加可能です。
登録には免許証など住所や生年月日が証明できるものの提示が必要です。
スマホで撮影したもので問題ありませんので事前に用意しておくとスムーズに登録が出来ます。

①治験参加で国産ワクチンの接種が出来ます
②医療機関でメリット・デメリットを丁寧に分かりやすく説明を受けられます。
③説明を聞いたあとにキャンセルも自由
④治験参加後のアフターフォローもしっかり!
この条件で国産ワクチンを打てるのは治験期間の今だけです!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる