2021ドバイワールドカップデー 日本馬健闘! 日本馬の全着順

各種レース映像はこちらから

目次

ドバイワールドカップ

チュウワウィザード(牡6歳、栗東・大久保龍志厩舎、父キングカメハメハ)が大健闘の2着入線!内でじっと耐えた戸崎圭太騎手の好騎乗が光りました。
チュウワウィザードの詳細はこちら

ゴドルフィン所有のミスティックガイド(牡4歳、米・スティッドハム厩舎)。勝ち時計は、2分01秒61

ドバイシーマC

クロノジェネシス(牝5歳、栗東・斉藤崇史厩舎、父バゴ)が2着
ラヴズオンリーユー(牝5歳、栗東・矢作芳人厩舎、父ディープインパクト)が3着
勝ち馬はミシュリフ(牡4歳、英国・Jゴスデン厩舎)。勝ち時計は、2分26秒65

勝ち馬と差のない2着、3着、力は示しましたね。

ドバイ・ターフ

ヴァンドギャルド(牡5歳、栗東・藤原英昭厩舎、父ディープインパクト)が2着
ロードノース(セン5歳、英国・Jゴスデン厩舎)。勝ち時計は1分46秒46
ヴァンドギャルド は初コンビのミカエル・バルザローナ騎手(29)=フランスの好騎乗が光りました。

ドバイゴールデンシャヒーン

レッドルゼル(牡5歳、栗東・安田隆行厩舎、父ロードカナロア)が2着
コパノキッキング(セン6歳、栗東・村山明厩舎、父スプリングアットラスト)が5着
ジャスティン(牡5歳、栗東・矢作芳人厩舎、父オルフェーヴル)が11着
マテラスカイ(牡7歳、栗東・森秀行厩舎、父スペイツタウン)が12着

勝ち馬はゼンデン(牡5歳、米国・デイヴィッド厩舎)。勝ち時計は1分09秒01

UAEダービー

タケルペガサス(牡3歳、美浦・加藤征弘厩舎、父ダンカーク)が4着
フランスゴデイナ(牡3歳、栗東・森秀行厩舎、父ウィルテイクチャージ)が6着
ピンクカメハメハ(牡3歳、栗東・森秀行厩舎、父リオンディーズ)が10着

勝ち馬は地元UAEのレベルスロマンス

ゴドルフィン・マイル

デュードヴァン(牡4、美浦・加藤征弘厩舎)が13着
勝ち馬はシークレットアンビション(牡8、UAE・S.シーマー厩舎)

【この記事をご覧になられた方はこちらの記事も読まれています】
ウマ娘プリティーダービー リセマラのやり方 実際にリセマラしてみた感想は?ヤメ時は?お答えします。

富山県・石川県のまわりは活断層だらけだということをご存知ですか?将来の大地震のリスク大な富山県・石川県 北陸新幹線や高速道路も震度7に襲われる可能性

大相撲 三段目で事故 取組中に響龍が頭から土俵に。全く動けず

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる