シンガポール、コロナワクチン未接種者は出社禁止!未接種者の締め出し強化へ

目次

出社禁止

新型コロナウイルスの感染再拡大が続いているシンガポールでは、コロナワクチン未接種者の出社が禁止されることとなりました。
1/1からという猶予を設け、それまでに接種を終わらすように要請しています。

商業施設入場や飲食店での食事からは既に締め出し

シンガポールでは現在、ワクチン未接種の場合、商業施設への入場や飲食店での食事ができないなど、多くの行動制限がかかり締め出しの強化が行われています。

未接種者の抗議はあるものの変更はない模様です。

シンガポールの感染状況

現在の新規感染者数は3,385

ワクチン接種率84%という高水準の接種率のおかげで重症化する患者は少ない状況ながらも感染者の増加とともに死亡者も増加、10/14には死亡者15人を記録しています。

日本も未接種者に行動制限がおよぶ可能性 ワクチン接種を急ごう

日本もワクチンパスポートの導入に向けて準備が進んでいます。
今後第6波が日本で発生してしまった場合、ワクチン未接種者は厳しい行動制限を受ける可能性がないとは限りません。
もう既に未接種者は国内でも少数派となっており、多数派に押し切られる可能性の方が大きいですね。

いつの間にかワクチン接種=責任
のようにコントロールされている事に違和感を感じずにいられませんが、面倒な行動制限を受けるくらいならワクチンを打ってしまいましょう。

そこでお得なのがお金(数万円レベル)の負担軽減費を支給されながらワクチンを打てる国産ワクチンの治験への参加です。

治験に参加することで国産ワクチンor既存ワクチンを接種することが出来ます。
普通にワクチン接種を受けた場合、お金はもらえませんので、治験で接種したほうがお得です。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる