中国恒大集団破綻間近!投資家との利払い交渉も難航!グループ会社も連鎖破綻へ 電気自動車部門 中国恒大新能源汽車集団が資金ショート

目次

投資家の本社押しかけ収まらず

破綻間近となっている中国恒大集団ですが、現在も投資家が本社に押しかけるなど混乱が続いています。
「恒大は金融詐欺。政府が解決出来ないなら政府も同罪だ」
などと凄む投資家もいて緊張が続いています。
政府の責任を問う動きは中国共産党にとっても悪材料以外の何物でもないのですが、もはやどうにもならない状態のようです。

地方政府「収入のすべてを送金せよ」

地方政府も恒大に対して「収入のすべてを送金せよ」などと通知を出すなど混乱が続いています。
こんな通知を出してる時点で地方政府は金の流れを把握していませんし、無意味ですよね。
これが日本であれば、この○億とこの○億はどういう形の○億ですか?と金の流れを掴んだ状態でお達しが来ますよ。日本のそういう部署は世界的にみても優れている方だと思います。

グループ会社も破綻へ

中国恒大の傘下で電気自動車EV部門の中国恒大新能源汽車集団も破綻の恐れが出ているそうです。
迅速な資金注入がなければ資金繰りにメドがたたず破綻するとのことです。

どうやら中国恒大集団破綻で影響を受けるのは不動産・不動産開発の他に電気自動車部門もということになるようです。

恒大はスマートフォンのシャオミ(小米)と中国恒大新能源汽車集団の資産売却についての交渉を行っているようですが、交渉がまとまる前に破綻してしまいそうですね。
中国共産党のお墨付きと金融的な優遇がプラスされればシャオミも考えるかもしれませんが、それもなさそうなので無理でしょうね。


よかったらシェアしてね!
目次
閉じる