中国恒大の破綻危機継続!23日のドル建て債の金利全額支払えず!30日間の猶予期間入り この期間に金利の支払いが出来なければデフォルト確定

目次

金利支払い公言も全額支払えず!

破綻危機で揺れている中国の複合企業「中国恒大集団」ですが、注目されていた23日の金利支払いですが、全額支払うことが出来なかった模様です。

これにより30日間の猶予期間入りとなり、その間に全額の支払いが出来なかった場合、クロスデフォルトとなります。

クロスデフォルトとは1つの債務が支払えなくなった際に全ての債務がデフォルトとなったと見做される事です。

要するに中国恒大の余命は30日ということになります。
そしてこの支払が出来ても次の支払いで同じ事を繰り返す事になるでしょう。
従業員への賃金支払も止まったようですしもう無理だと思います。

大株主も逃げ出す

中国恒大集団の第二位株主「華人置業集団」は所有する中国恒大集団の株式を全て売却することを決めたようです。恒大の全株式の6.5%を保有していた大株主が逃げ出す時点でもう中国恒大は生きていないという事です。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる