ファイザー製コロナワクチン、2回接種後平均5ヶ月で抗体量85%減少!2回目接種3ヶ月後から感染予防効果数値を下回る!

目次

鹿児島市・米盛病院の調査

鹿児島市の米盛病院では同病院の医療従事者など638人の抗体調査を行い、その結果2回接種後平均5ヶ月で抗体量が85%減少していることを確認したそうです。
638人というそこそこの数でしっかり調査されたデータなので信憑性は高いですね。

感染予防効果がある抗体量は4000AU/mL

一般的に新型コロナで感染予防効果がある抗体量は 4000AU/mL
米盛病院の検査によると、
2回目接種完了後が6994AU/mL
3ヶ月後が3158AU/mL
6ヶ月後が1007AU/mL
この数値だと接種3ヶ月後くらいからはブレイクスルー感染しそうですね。

どちらにせよワクチン接種が必要!

どちらにせよ第6波に備えるためにはワクチン接種が必要です。
2回目から時間が経過している方は3回目が必要でしょうし、未接種の方もできるだけ接種したほうが安全です。
接種を希望しない方はこれまで通りの予防策を継続する必要があります。

国産ワクチンの治験を活発化しています。
数万円単位の報酬を受けつつコロナワクチンを接種するチャンスでもあるので未接種の方は治験で打つというのもありですね。既存ワクチンをそのまま接種しても現金はもらえませんからね。

治験に参加に関しては以下のリンクをご利用ください

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる