日本の新型コロナワクチン接種率が世界8位だった件 上位の国のこれまでのコロナとの戦いの数値もご紹介

目次

世界8位

日本の新型コロナワクチン接種率は世界8位とのことです。

Our World in Dataが提供している世界のワクチン接種状況にて2回目の接種を終えている数において日本は8位でした。

日本人のワクチンへの意識の高さだと思います。
菅政権の手柄だと言う方もいますが、評価出来るのはワクチンを用意した点だけでしょうね。
無償で接種といってもワクチン購入費は税金であって菅政権の財布ではないですからね。
全てが国民の力によるものです。


順位の状況(接種率50%以上)

1位:スペイン 78.87%

感染者4,977,448人、死者86,827人

2位:中国 72.56%

感染者96,435人、死者4,636人
(中国の発表は怪しいと言われています この数字は公式発表のものです)

3位:カナダ 72.06%

感染者1,655,377人、死者28,186人

4位:イタリア 69.06%

感染者4,704,318人、死者131,384人

5位:フランス 66.50%

感染者7,063,511人、死者117,150人

6位:イギリス 66.22%

感染者8,233,050人、死者137,944人

7位:ドイツ 64.68%

感染者4,323,016人、死者94,316人

8位:日本 64.63%

感染者1,712,346人、死者18,003人

9位:韓国 59.34%

感染者334,163人、死者2,594人

10位:アメリカ 55.67%

感染者44,560,804人、死者717,149人

11位:トルコ 54.38%

感染者7,473,866人、死者66,333人

12位:アルゼンチン 52.22%

感染者5,266,275人、死者115,491人

これを見るように接種率50%を超える国は世界で12カ国しかなく、新型コロナとの戦いはまだまだ続くということが分かるかと思います。
ちなみに20位のパキスタンが接種率14.53%なのでこのひどい状況が分かるかと思います。


日本は国産ワクチンも最終臨床へ

日本では国産ワクチンの最終臨床入りもあり、他国と比べても今後に期待が持てる状況です。
なによりもmRNAワクチン以外のワクチンが国産であるということが明るい未来を映し出していると思います。
治験の参加は上記の記事およびに以下の記事でご案内しています。
未接種の方は報酬を手にしながらワクチンを接種するチャンスなのでどうぞご利用ください。
希望するワクチンの治験を受けるには複数の仲介業者さんに登録するのがおすすめです。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる