広島県に大きな被害が出るかも知れない岩国-五日市断層帯(己斐断層区間) 広島中心部で最大震度7or6強!広島県の地震リスク

目次

想定規模はM7.1↕

画像引用元 J-SHIS 地震ハザードステーション

広島駅のすぐ近くに活断層があるのをご存知でしょうか?
この黒い線は岩国-五日市断層帯の一部、己斐断層区間です。
この断層が動いた場合は2mほどの横ずれを起こす可能性があるとのことです。

イコール発生後に記憶にも新しい熊本地震のような地震活動に似た災害が起こる可能性があるということです。

この断層の不気味なところは、まだ細かいことについての分析が出来ていないというところにあります。
いつ揺れてもおかしくないとも言えます。

西にある岩国-五日市断層帯本体との連動の可能性

西にある岩国-五日市断層帯との連動地震も考えられます。
岩国-五日市断層帯はM7.6前後の地震が想定されており、発生した場合は中国地方に深刻なダメージを与える可能性が大です。

減災の為に

震度5弱以上の想定がされている場所に住んでいる方は、家具の固定、建物の耐震の確認、避難場所の確認などをしておくことで、いざという時にスムーズに行動することが出来ます。

南海地震や東海地震ほどの確率ではなくても、絶対ないというものではありませんので。

見て知りリスクを理解することが最大の防御です。

このような地震の可能性があることの周知の為に記事の拡散をしていただけると幸いです。

大地震や大雨などの自然災害で自宅を失った場合、住宅ローンはどうなるのか?火災保険や地震保険の本当を解説

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる