ソフトバンクグループ(9984)の株価が3日間で16.7%の下落!今日も前日比7.77%の下落を記録!市況の悪化と先行き不安の影響

ソフトバンクグループ(9984)の株価の下落が止まりません。
4日前の終値10,170円から本日の終値8,467円は下落率16.7%となっています。

目次

好決算発表も不透明感拭えず

ソフトバンクグループ(9984)が2021年3月期連結決算を発表!最終利益4兆9879億円、前期9615億円の赤字から驚愕の復活!しかし問題も多く今期以降は未知数
でも書きましたが、市況の悪化や米国CPIの上昇による利上げリスクなど、投資会社であるソフトバンクグループには非常に厳しい状況が予想される上に、今期の業績予想を非公開としているのもマイナス要因となっています。

ミルシル的には適当に業績予想を出して修正するよりは良心的だとは思いますけどね。

追証が発生している個人投資家も多くいそう

ソフトバンクグループ(9984)は知名度も高く、代表の孫正義氏の大風呂敷も絶妙なので、株を始めたばかりの方や不勉強なくせに一攫千金を狙いたいような方が、タイミングも何も考えず入り、そのまま退場していくという流れができやすい銘柄としても知られています。

今回も急激な下落で信用取引で追証が発生している方が多く出ている可能性があります。
株式投資は自己責任です。少なくとも経済指標や為替、金利などの相関性を理解してから投資を行い、信用取引はきちんと利益を出せるようになってからスタートさせるべきです。
レバレッジが効くからという理由だけで始める人は間違いなく短期間で退場することになります。

ご注意あれ!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる