ドバイゴールデンシャヒーン 勝ち馬がゴール後故障 安楽死に

目次

1着入線後 骨折安楽死に

ドバイゴールデンシャヒーンを圧倒的強さで快勝した米国のゼンデン号は1着入線後、骨折・・・

国際G1勝利の直後に命を失う事になってしまいました。
圧倒的な強さだっただけに残念ですね。
まさに命を削っての激走でした。



ドバイワールドカップデーの安楽死

有名なものではやはり1997年のホクトベガですね。

日本のダートでは無敵だったホクトベガの突然の死に競馬ファンのみならず国民の多くがショックを受けた事故でした。
ホクトベガの遺体は検閲の関係上、日本に帰ることが出来ず、たてがみのみが日本に帰ってきました。
毎年ドバイワールドカップで日本馬が走る際にドバイの地に眠るホクトベガを思い出します。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる