関東南部は13日午後から雪?条件的にギリギリな可能性?お天気データを色々と並べてみた!

目次

南岸低気圧通過

windyより

上記の画像はGFS(アメリカ海洋大気庁)の2022年2月14日午前0時頃の予想です。
東京23区は雨か雪という予想になっています。

windyより

そしてこちらがECMWF(ヨーロッパ中期予報センター)の2022年2月14日午前0時頃の予想です。
こちらも関東南部は雨か雪という予想になっています。

上空の寒気の様子

関東で雪が降る(積もる)ためには上空1500m(850hPa)の気温が大切だと言われています。
東京・千葉・埼玉などがまとめて積雪した際の平均的な温度は-3~-4℃となっています。

では今回の上空の気温を見てみたいと思います。

GFSの高層温度図です。
上空1500m(850hPa)の-3℃が千葉県北西部から神奈川県南部まですっぽり覆っています。
こちらのデータでは雪になる確率はそこそこあるということになります。

そしてこちらはGSM(気象庁)の高層温度図です。
雪になる目安の-3℃は千葉県北部から神奈川県北部のラインからになっていますね。

結論&ミルシル的天気予報

雪になる条件が強いのは神奈川県北部~千葉県北部のラインより北の部分
温度の降下が早ければ想定外の積雪もありという感じですかね。

雪かきグッズ! アマゾンなら間に合うかも?

雪かきをしたくない方は融雪剤を用意しておくと楽になります。
ぜひお試しください。


よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる