Win10アプデでブルースクリーン頻発!更新は注意して行いましょう!Win10 2021 年 4 月のセキュリティ更新プログラム (月例) 効率よく素早く回復する方法を伝授!

ミルシルのオフィスのWIN10に先程2021年4月のセキュリティ更新プログラム(月例)を適用したところ。

3月のアプデからもう恒例となってしまったブルースクリーンの発生です。

【Kmode Exception Not Handled】
上記のエラーを吐きやがりました!

Kmode Exception Not Handledのブルースクリーンのエラーの発生はデバイスドライバーの問題で起こる事が多いとされていますが、今月のWIN10アプデを適用してから出ているという方は、ほぼアプデが原因です。
エラー情報を収集していますからの再起動には非常に時間を取られるまたはそのままというのが今回のアプデでは頻発しているようですね。

ミルシルズでは WIN10アプデ後にKmode Exception Not Handled のブルスクが出た方に対してのアドバイスとして2つの解決法をおすすめします。
ドライバの特定やメモリ診断などする時間は今回の状況ではほぼ無駄です。

だってアプデが原因ですから!(プンスコ!)

なので以下に2つの対処法を記します。

1.アプデファイル削除
今回の月例が重大なセキュリティ関連のアプデだと言ってもウインドウズが死んでしまえばそもそも無意味です。消してしまいましょう。
これが1番早く復活する方法です。
これだけ被害者が出ていれば安定化ファイルも暫くしたら出してくれるでしょう。
MSのアプデ担当者に
「このドまぬけがあああああ」
と叫びながらアプデファイルとはさようならしましょう。

オフィスのモニターがキッタナイのバレるけど晒します!
電源ぶっちして再度電源ポチって回復環境を起動して、「トラブルシューティング」→「詳細オプション」から上記のようにアンインストールしてやりましょう。そいつはいらない子なのですから!

それでも駄目だった方は

安心して下さい!

神の一手が残ってるんですよ
それはウインドウズユーザーなら誰でも?知ってる

復元ポイントからの回復
です。

ウインドウズには便利な機能があって何らかのトラブルがあってPCがおかしくなってしまった際に、挙動がおかしくなる前の日の復元ポイントを記録した日の状態に戻せるんです!

大体は1日から2日それくらい前に復元ポイントが出来ているはずです。

ブルスクしかでなくなってしまってウインドウズが起動しなくなっているPCであれば、強制終了(電源ポチですポチ!)を2回繰り返して下さい。なおこれでPC死んでもミルシルのせいではないのであしからず。

「トラブルシューティング」→「詳細オプション」→「システムの復元」
上記の順に進みます。

「システムの復元」の画面が出たら復元ポイントを選択します。

基本的には1番最近のもので大丈夫です。

そうしたら復元の開始です!絶対に途中で電源を切らないようにしてくださいね。
雷の鳴りそうな時とか、電気工事で停電がある日などはやめましょう。

復元にかかる時間は?
PCにもよりますがデータが多ければ多いほどかかると考えて下さい。
最長で丸1日かかったなんて話も稀に聞きます。

今回ミルシルもこの手段をとったのですが30分ほどでしたね。
PCの中にはネット閲覧とサイト更新用の仕事関連のものしか入ってないので・・・

復元が終わると上記の案内が出て閉じると再起動が始まりWIN10の大ばか野郎が再起動します。

WIN10が大馬鹿じゃないんだ!MSの担当が大馬鹿なんだ そうなんだ!

と愛機を責めるのはやめてMSの担当者を聞こえないところから罵倒しましょう。

なお、復元ポイントを利用しても起動できない場合は、

多分壊れてます(ちーん!)

WIN10アプデでMSにひどい目に遭わされている皆さんに幸あれ! byミルシル

【Win10 2021 年 4 月のセキュリティ更新プログラム ブルースクリーン 関連記事】
Windows Update後、ブルースクリーン発生/印刷不可について2(先月もやらかしてました)

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる