フィギュア団体のメダル授与式中止!羽生ファンのロシア人選手への殺害予告が原因か?IOCは法的問題と発表

目次

フィギュア団体のメダル授与式中止

北京オリンピックの混乱が続いていますね。
今回は日本代表が銅メダルを獲得したフィギュアスケート団体のメダル授与式が中止となった問題です。
IOCは【法的問題】のため中止となったと発表しています。

羽生選手のファンのロシア代表選手への殺害予告が原因か

ロシアメディアの「スポーツ・エクスプレス」が報じるところによると、

羽生選手のジャンプ失敗の原因を羽生選手の直前に滑走したロシアのアンドレイ・モザリフが穴を作ったことが原因だと断定して【殺害予告】を含む攻撃をしている事を確認済とのことです。
そして、こうコメントされています。
「私たちのスケーターは羽生のファンから殺害の脅迫を受けており、それが原因でロシア人の授賞式はキャンセルされた」

これが本当であれば、殺害予告をした容疑者は世界的なクズ人間ということになりますね。
逮捕した上にがっつり晒されて、かつ賠償金請求されて人生を終えてほしいですね。
SNSの件はサーバーに記録が残っているのは間違いないので削除していても逃げられませんよ

ウクライナ問題が原因との声もあり

ウクライナ問題を抱えるロシアの代表が表彰台に上がる事についてクレームが付いたという声もあります。
もしこちらが原因であれば、羽生選手はいらぬ被害を受けていることになります。
殺害予告したファンが本当にいるのであれば、そいつをさっさと捕まえて晒せばいいと思います。
世界中の晒し者として世界中の憎悪を1人で受けてもらいましょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる