「うっせぇわ」を問題とする事自体が【うっせぇわ】だという事に気付かない人々

18歳の女性シンガー Adoが歌う「うっせぇわ」
「子供には聞かせたくない」など物議を呼んでいるという報道が増えてますね

目次

国民総ゆとり化まっしぐらな日本という国

そもそも不謹慎どうこう騒ぎ立てる国民性が「使えねぇ人間」レベルなわけですよ
歌詞の中に声を大にして「不謹慎」と言えるものが「皆無」なのに騒ぎ立てる人間性それこそ
「うっせぇわ」
ということです。

正論ですら悪にすりかえられる報道という悪

歌詞は全て正論
問題にするとすれば、この曲を聴いてストレスを解消出来てしまう社会です。
まるで害悪な作品のように報道するマスメディア 彼ら自身に「うっせぇわ」です。
出る杭どうこうの現象は人間の劣等感を刺激して起こる現象です。


何が言いたいかって?

ミオヤマザキも聴けってこと!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる