Twitterのツイートのエンゲージメントが0のままの時はシャドウBANの可能性も含めて調べてみましょう。 その方法をご案内します。

目次

エンゲージメント獲得なしは実はシャドウBANの可能性

Twitterを利用していてツイートの伝播状況を確認した際に、この表示になっている場合、余程のクソツイートでない限り、Twitter側の不具合か、シャドウBANの可能性があります。

シャドウBANとは?

シャドウBANとは、
【ツイートしても他のユーザーのタイムラインに表示されない】
などのペナルティーを受けている事を指します。

①検索に表示されないサーチBAN
②他のユーザーに対してツイートなどが表示されなくなるシャドウBAN 
③リツイートなどのリプレイが他のユーザーに表示されなく鳴るリプレイBANなどがあります。

シャドウバンチェックサイトでチェック

上記サイトで無料でチェック可能です。

ペナルティの原因

これらのペナルティの原因は、
①同じようなツイートを連続して行った
②攻撃的なツイートを多くしている
③ハッシュタグを使いすぎている
などの悪質な行為をすることとなっています。

自分のアカウントがシャドウBANなどを受けているか調べる方法

TwitterからのBANの状況は調べることが出来ます。

Twitterの検索窓に「from:ツイッターID」を入れて検索するだけです。
@hogehogeがIDならfrom:hogehogeとサーチすればおkです。

気になった方はぜひご活用下さい。

アカウントの欄・話題のツイート・最新と全て確認してみてください。
全てに表示されていれば問題ありません。
最新の欄に表示されていなければ下の②を食らっています。
話題のツイートに表示されていなければ①を食らっている可能性があります。

これはアウトな奴です。
①Search Suggestion Ban
検索表示の優先順位が最下層に下げられます。
②Search Ban
ツイートが検索結果に表示されなくなり、ハッシュタグを付けてツイートしても同様に表示されなくなります。
③Ghost Ban
リプライが第三者から見えなくされています。

この3つセットを食らった場合は、BAN解除された場合でもすぐにBANされるようなクソ垢認定です。
もしこの3点セットを食らったら、いくらフォロワーがいようとも意味のないアカウントなので捨てましょう。
電話番号登録を解除して新しいアカウントを登録した方が有意義です。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる