東京大空襲から76年 一般市民10万人が焼き殺されたジェノサイド

目次

1665トンもの焼夷弾が下町を襲ったあの日

死者10万人と書きましたが、正式には「確認された遺体105400体」ですから、
正確な死者数は11万人を超えているものと思われます。
米軍の標的は築地や神田などの市場、東京駅、両国駅、上野駅などの都内主要駅でした。
完全な民間人狙いのジェノサイド(大量虐殺)でした。
この焼夷弾はこの時期の季節風を計算し、わざわざ対日本用として開発されたものでした。
被災家屋は27万 被災者数は100万人という残酷なものでした。


被災者の声

両親や兄弟6人を東京大空襲で失った海老名香葉子さん

被災者の生の声を聞けるのも年月が経つにつれて難しくなってきます。
絶対に忘れてはいけないことだと思います。

図説東京大空襲 (単行本)

耳を疑う米軍兵士の声も

東京大空襲を学習されたい方におすすめの施設

東京大空襲・戦災資料センター
多くの資料をみることが出来ます。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる