東京オリンピックは政治や思想にこれまで以上に利用されたオリンピックだった感! 各シーンの動画あり

目次

難民問題・政治問題・人種差別問題

男子マラソンで2位のナゲーエ選手と3位のアブディ選手。二人はソマリア難民でした。
ゴール後抱き合うシーンと人生の背景をしったネット住民は感動の声を上げています。

ポーランドに亡命したベラルーシの陸上選手チマノウスカヤ選手
ベラルーシは独裁政権
反政府側の人が何人も不審死しています。

表彰式で腕をクロスさせて「X」のジェスチャー
「抑圧された人たち」との連帯を示すジェスチャーだと話している
彼女は性的少数者(LGBT)の権利の支持に積極的

女子サッカーにおける片膝ポーズ(人種差別への抗議)も話題になりました。

純粋なスポーツの祭典 平和の祭典ではなくなってしまった

抗議する権利は全ての人がもっている権利ですが、単純にスポーツを楽しみたかった人からすれば、【後でやってくれ】って話ですよね。

捉え方は非常に難しいのですが、もうオリンピックは単純なスポーツの祭典ではなくなってしまっているという事だと思います。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる