東京五輪 男子4×100mリレー決勝 日本はバトンミスで失格

目次

多田―山県 バトン繋がらず

東京五輪の男子4×100mリレー決勝に出場した日本代表のレースは第1走者多田と第2走者山県の間のバトンミスによる失格という結果に終わりました。
リレーにはよくある事ではありますが、上位が狙えただけに残念な結果でしたね。

【PR おすすめ!自分が臭い人か分かる! 】
匂いにコンプレックスがある人はぜひお試しを!臭い人だと分かれば対処すればいいだけですから!

2019年の世界リレーでも同じメンバーで臨み バトンミス失格

これだけバトンミスが続くのは技術的な問題といっても仕方ないかもしれません。
攻めた結果でなんにもなしの失格って・・・

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる