6/21の日経平均は前週末比953.15円安の28010.93円の大幅安!

2021年6月21日の日経平均は前週末比953.15円安の28010.93円となりました。金融緩和の終了に向けた動き

目次

日経平均採用銘柄の騰落状況は?

日経平均採用銘柄の騰落状況は値上がり6銘柄、値下がり217銘柄、変わらず2銘柄と圧倒的売り優勢の状況となりました。
リスク回避の動きが過剰に誘発された感がありますが、方向性も定まった感があります。

コロナ収束でも高値追いは難しい状況

新型コロナウイルスの収束となっても、さらなる上値追いは厳しい状況です。
これまでにない金融緩和で膨らみきったマーケットは今後の引き締めによって縮んで行きます。
今度は疫病が去り経済が上向いているのに株価は下落するという動きになると思われます。

これ以上膨らむことが出来ないマーケットの状況がその流れを作り出します。

今後は下げ幅>>上げ幅の時代

今後のマーケットは拡大せず縮小するのですから、下げ幅のほうが上げ幅よりも期待値が高い状況となります。
残念ながら買えば上がる時代は終了です。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる