月曜日はソフトバンクショック発動か!?NY市場でアリババやDIDIが大暴落

ミルシルズでは毎日、株式投資関連の記事を更新中! マネーカテゴリ をブックマークしていただけると幸いです。

目次

アリババが8%以上の大暴落!DIDIが22%の超絶暴落!

休み明けの東京市場はソフトバンクグループ(9984)の下落に伴うソフトバンクショックとなる可能性が出てきました。

SBGが3割近く依存している中国株が昨日のNY市場で大暴落しました。

アリババグループが8%以上の大暴落! 122ドル→111.96ドル(安値108.7ドル)
DIDIが22%以上の超絶暴落! 7.8ドル→6.07ドル(安値6ドル)

DIDIのNY上場廃止→香港市場鞍替えは他の中国IT企業の容赦ない売りに繋がりました。
今後もこの傾向が続くと思われます。

この状況が続く限り、SBGが浮上するのは難しい状況ですね。

ADRは-5% -311円 (ADR円換算-東証)

SBGのADRはADR円換算で-311円 5%以上の下落で引けています。
ADRがそのまま反映されるわけではありませんが、マイナス材料なのは間違いありません。

NVIDIAのARM買収も失敗に終わる可能性

NVIDIAのARM買収も失敗に終わる可能性が指摘されています。
11月の四半期決算会見で、NVIDIA株の取得を前提として、買収合意当時の株価に比べて約5兆円の含み益が発生していると言っていましたが、失敗に終われば、その5兆円もなくなるわけです。

米連邦取引委員会(FTC)は12/2に差止めを求める訴訟を起こしましたし、欧州でも買収阻止の向きのほうが多いです。

高い確率でこの買収は失敗しそうです。

よって孫氏が語っていた巨万の含み益はただの皮算用で終わります。

中国株リスク・ARM買収破談リスク・利上げリスク リスクのオンパレード

中国株リスク・ARM買収破談リスク・利上げリスク リスクのオンパレード となっているのがソフトバンクグループ(9984)の現状です。

ヤフーファイナンスなどで「10年後は時価総額10倍以上」などとうわ言のように呟いている方を見かけますが、本当にお気の毒ですね(笑)
妄想するのは自由ですが、口に出したり、文字にするとただの【嘘】になってしまうわけで。

今SBGを買うのはただのギャンブル、買う理由は妄想、究極のヘタクソの逆張りですね。

FX(為替取引)の必勝マニュアル無料ダウンロード
不動産取引のリスクを分散させて稼ぐ必勝法はコレ

たった1万円から始められる不動産投資!
投資家登録は無料!口座開設および口座維持手数料も無料

クレカの審査が通らない方でも作れるクレジットカード

デポジット型だから入れた分しか使えない安心のカード!
審査に落ちた経験のある方でも、発行出来る可能性大
カードの発券率が非常に高く、どなた様もご安心して 申込いただけるクレジットカード

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる