新日本プロレス 内藤哲也選手が左膝内側側副靭帯損傷・半月板損傷でG1クライマックス残り試合を欠場、不戦敗へ

目次

デスティーノ着地時に故障

18日のエディオンアリーナでG1クライマックス初戦に挑み、鈴木軍のザックセイバーJr選手に敗北していた内藤哲也選手は試合中に左膝を故障、検査の結果、左膝内側側副靭帯損傷・半月板損傷との事でG1の残り試合は欠場となり、全試合不戦敗となるようです。

ザック選手の技による故障ではなく、自ら繰り出したデスティーノの着地時に故障したとのことです。

長期欠場の可能性

左膝内側側副靭帯損傷・半月板損傷とのことで復帰まで長期欠場となる可能性が出てきました。
象徴&リーダー不在となるロスインゴは最大の危機を迎える事となります。

G1クライマックスAブロックは波乱に

内藤選手がG1クライマックスでエントリーされていたAブロックは波乱が起こりそうですね。
マッチメイクもAブロックの日は公式戦以外の試合が1試合追加されるんでしょうかね。
ヤングライオン2人の試合を入れてあげるという粋なことをしてくれませんかね?

それにしても内藤選手欠場は残念ですね
鷹木選手との同門対決や裕二郎選手との久しぶりのシングルを楽しみにしていた人は多いと思います。
まだ1戦なんで、特例で海外から海野選手や成田選手を戻してAブロックにいれたりとかどうですか?
間に合わないか・・・

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる