8/15 新日本プロレスLA大会速報 オスプレイがサプライズ登場

目次

上村優也デビュー戦勝利

新日本プロレスLA大会ではヤングライオンを卒業しアメリカへと旅立った上村優也が登場、ダニーライムライトを閂スープレックホールドで3カウント。見事にアメリカデビュー戦を勝利で飾りました。
試合後マイクを持ち、英語で「はじめましてアメリカの皆さん、上村優也です」と挨拶したのち、

「LA道場で強くなる」と宣言、柴田勝頼選手を呼び込み、柴田選手もそれを認めLA道場入りが決定しました。

ウィル・オスプレイサプライズ登場

首の負傷で欠場しているウィル・オスプレイが登場、なぜかIWGP世界ヘビーのベルトを持ち、防衛戦を行うと宣言。

IWGP世界ヘビーのベルトが2本という新たなストーリーの誕生の予感?

ジョン・モクスリーのパートナー Xは永田裕志!

ドク・ギャローズ&カール・アンダーソンとのタッグマッチに望むジョン・モクスリーのタッグパートナーXは永田裕志選手でした。
試合はマジックキラーで永田選手をフォールしたグッドブラザーズの勝利
試合後G.O.D.も登場 今後の抗争の道筋が出来ました。

NEVER無差別級王座はジェイ・ホワイト勝利

ジェイ・ホワイトとデビット・フィンレーのNEVER無差別級王座はジェイ・ホワイト勝利
試合後、石井智宏選手が登場も「石井のクソ野郎じゃ駄目だ」一蹴

棚橋弘至選手がIWGPUSヘビー級を獲得

棚橋弘至選手がランス・アーチャー選手を破りIWGPUSヘビー級を獲得
LAで愛を叫んで〆ましたね

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる