新日本プロレス G1クライマックス31 優勝はオカダカズチカ!飯伏幸太の試合中の故障によりレフェリーストップ勝ち 試合後控室でタマ・トンガが挑戦に名乗りをあげる

目次

飯伏幸太無念の故障

新日本プロレスの年に1度のお祭りG1クライマックスの決勝が本日行われ、レフェリーストップにてオカダカズチカ選手が優勝を飾りました。

フェニックススプラッシュ失敗による飯伏選手の故障という結果になってしまいました。
飯伏選手は腕を負傷してしまいました。
故障の状況は発表まちです。

IWGP世界ヘビーではなくIWGPヘビー王者を主張

オカダカズチカ選手はIWGPヘビー王者であると主張し、IWGPヘビーとIWGP世界ヘビー格上はIWGPヘビーであると主張しました。
試合後の控室にはタマ・トンガ選手が現れ挑戦表明。

オカダ選手は挑戦を受ける意向です。

オカダカズチカのIWGPヘビー
鷹木信悟のIWGP世界ヘビー
ファンはついてきたい方についてくればいいと発言しました。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる