名古屋入管局長ら4名を訓告など処分 スリランカ人女性死亡事件で これって軽すぎない? 訓告処分とは?説明します

目次

局長・次長を訓告 警備管理官を厳重注意

名古屋出入国在留管理局に収容されていたスリランカ人の女性が死亡した事件で10日出入国在留管理庁は事件に関わった職員に処分を出しました。

局長・次長は訓告
警備管理官は厳重注意

ミスで人を殺しておいて軽すぎではありませんか?

PR

アンケートに答える!ポイントを貰う!世界が広がる!

スリランカ女性死亡事件の経緯

スリランカ人の女性であるウィシュマ・サンダマリさん(33)が体調不良を訴えたのは今年1月。
本人や支援者が診察だけでもと懇願したのに聞き入れられず、3月に亡くなってしまいました。

管理局内で情報が共有されていなかったというひどい言い訳で済ませようとしていた事件です。
2ヶ月間も具合が悪いと申告し続けた人に対して情報が共有出来なかった?

管理局には無能しかいないのでしょうか?

施設内の診療室の医師や看護師は非常勤のため、死亡した当日は不在だったのも理由とのたまっていますが、1月から体調不良を訴えていたわけで理由にはならないと思うのですが?

訓告処分とは?

訓告処分とは書面にて厳重注意を行う処分の事です。
紙切れ1枚で「へいへい!おまえら気をつけてね ほな!」ってやつです。

1人の人間が死ぬような事をやらかして紙切れ1枚の処分とは腐ってますね。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる