利用検討中の方は必見!結婚相談所の使い方 マッチング型と仲介人型どっちがいい?失敗しない選び方

目次

結婚相談所のシステムを知る

マッチングアプリの普及で様々な結婚相談所で溢れている時代ですが、やはり当たり外れの問題は多々あります。

参入しやすさからいい加減な管理をされるトラブルも多く発生しているので注意が必要です。

ミルシルは元結婚式場勤務で結婚相談所経由で結婚されたカップルを何組も担当してきたので、裏事情などもかなり聞いています。なのでミルシル個人の経験をふまえてこれから結婚相談所を利用されたい方向けに情報を発信しようと思います。

結婚相談所の収入源
入会金&会費
仲介料
パーティー参加費
成婚料
その他関係先への紹介料
グッズ等の売上

このように結婚相談所では様々な項目において利用料がかかります。

【結婚相談所の入会金の相場】
結婚相談所の入会金の相場は30,000円から100,000円です。

【結婚相談所の会費の相場】
結婚相談所の会費の相場は5,000円から20,000円です。

【結婚相談所のお見合い成立料金の相場】
結婚相談所のお見合い成立料金の相場は5,000円から10,000円です。

【結婚相談所の登録料などの初期費用の相場】
結婚相談所の登録料などの初期費用の相場は50,000円から200,000円です。

こういう結婚紹介所はハズレ3選
1.お見合いさせるだけで数万円の費用を取る結婚相談所
相手がサクラの可能性まであります。注意しましょう。
お見合いマッチング成功の報酬は1万円以下のところを選びましょう。

2.グッズ系の営業が多い
お見合い時のニオイ消しコスメなどの営業で稼ぐ業者があります。
そのような結婚相談所は成婚目的ではなくグッズ売上と会費での売上がメインなので利用価値はありません。

3.お見合いパーティーの参加者が被る
お見合いパーティーなどで何度も同じ人と出会うのは運命ではなく、その結婚相談所の実力不足です。
短期間のパーティーで同じメンバーと出会った際は少し考えたほうがいいかもしれませんね。

マッチングアプリ

マッチングアプリについてはご自身で出会いからの展開を組むことが出来るという自信のある方以外はおすすめできません。
定額制が主流になってきており、安価で出会いを求める事は出来ますが、成婚率は事業所のある結婚相談所の1/10以下というのが現状です。

仲介人がいないことで、出会いからのリスクが全て利用者にかかることになるのも注意が必要な点です。

【マッチングアプリでの注意点】
女性無料のアプリは基本ハズレです。男性を釣る事だけが目的ですので効果は非常に低いです。
マッチングアプリは結婚の意志が低い方の利用も比較的多くあるので成婚率は低いです。
単純に出会い系のアプリケーションとして利用されている側面があります。

仲介型の結婚相談所

ミルシル的には断然こちらをおすすめします。
私が式場で担当したカップルも断然こちらのかたちの結婚相談所で成婚となった方々が多いです。

【仲介型の結婚相談所のメリット】
1.入会時に自分の価値観を伝えることが出来るので似た価値観を持った相手を紹介してもらえる

2.お見合い等は自分のスケジュールに併せて調整してもらえる

3.利用時のリスクは相談所も共有

4.自分の条件で相手を探すことが出来る。

5.複数の候補者と同時にお付き合いする事が可能

6.断る際のストレスが軽微

7.女性からアプローチすることも可能

1. 入会時に自分の価値観を伝えることが出来るので似た価値観を持った相手を紹介してもらえる
仲介人がいる事の利点として自分の価値観を伝え、それに合致したりそれに近い相手を紹介してもらえるというメリットがあります。
価値観の違いで離婚するカップルが多いわけですから、1番大切な部分ですよね。

2. お見合い等は自分のスケジュールに併せて調整してもらえる
仕事をしながらの出会いが難しいのが現社会です。社会問題でもありますよね。
しかし、仲介型の結婚相談所ではそれらのスケジュールに合わせて調整してもらえるので自分の生活を崩すこと無く婚活を進行させることが出来ます。

3. 利用時のリスクは相談所も共有
お見合い後の仮交際時などのトラブルについても相談所とリスクを共有出来ます。
法的なアドバイスも込みのところが多いです。

4. 自分の条件で相手を探すことが出来る。
1番大事な部分かもしれませんね。様々な項目から自分が求める条件で相手を探す事が出来るのは大きなメリットです。
マッチングアプリに比べて虚偽等のチェックの精度も仲介人がいる事で高いです。

5. 複数の候補者と同時にお付き合いする事が可能
結婚相談所ではお見合いの後、仮交際といって短期間お付き合いしてみる事を勧めています。
相手をお互いに見極める大切な時間です。
浮気じゃないのか? 相手にとって失礼なのでは?と思うかも知れませんが、相手を知らずに結婚することが後々の大きなリスクなので複数人と同時にお付き合いするのは悪いことではありません。
相手を好きになってしまって、同時交際されたくないと思えれば、それは本当の愛なので相手に素直に伝えましょう。
ミルシルが式場で担当したカップルの中にも「この人を誰にも取られたくない」と思ったからというお話をしてくれた方々が多かったです。
その後離婚されたというお話を1件も受けてないので、効果は本当に高いのだと思います。

6. 断る際のストレスが軽微
破談の通達は基本、仲介人が行うので、相手を傷つけてしまって自分もメンタルに傷を負うというリスクを極力へらすことが出来ます。

7. 女性からアプローチすることも可能
女性からアプローチすることがはしたないと思う方もいるかもしれませんが、担当の仲介人に伝えることで通常の紹介同様に自分を相手の男性に紹介してもらう事が出来るので自分からのアプローチだというのを隠すことも可能です。
ちなみに紹介所の紹介タイミングはある程度決まっているのですが、普段と違うタイミングでオファーがあった際は、相手が自分を気に入ってくれた事で入ったオファーであることが殆どです。
結婚相談所での成功タイミングのひとつですので覚えておきましょう。

こういう結婚相談所を選択しよう

1.料金が明瞭なこと
これがリスクを少なく結婚相談所を利用するために1番大事なところです。

2.ターゲットユーザーを絞っているところ
子供が欲しい30~40代前の男女であるとか、シニアのパートナー探し(40代以降)といったターゲットが明確な相談所は成婚率が高いです。


3.クーリングオフが可能な事
契約後に少し違うなと少しでも疑問や違和感を感じた場合はクーリングオフを利用しましょう。
契約を完了してから8日以内であればクーリングオフを利用して不利益を被ること無く契約を解除できます。
クーリングオフが可能な期間をすぎると中途解約に関する違約金がかかる場合があります、それらの違約金についても明確に表記されている結婚相談所を選びましょう。
退会時にトラブルにならないようにこの点は把握することが重要となります。

4.各種オプションとその料金が明瞭なこと
1の料金が明瞭なことにも通じるものがありますが、結婚相談所には様々なオプションがある事が多いです。
それらのオプションについての説明、そしてそれらを利用した際の料金が明瞭に示されている結婚相談所を選択する事が事故無く利用することにつながります。
結婚相談所のオプションの代表的なものには、婚活セミナーや洋服やアクセサリーのレンタル、登録写真のスタジオ利用費用などがあります。

ミルシルが選ぶ結婚相談所

ULP結婚相談所

料金体系が明確に掲示されており、利用に対するリスクが軽減されています。
成果課金なので、結果が出なければ無駄な出費が発生しないというのも大きなメリットです。
東証一部上場でもあり、企業力の問題もありません。

下記のバナーよりご入会されると
入会金の5万円が無料になります!
5万円が節約出来れば、その分を月会費にまわすことも出来ますし、お見合いの際のおしゃれ費用にまわすことも可能になります。コスパ的に非常に利点があるので結婚相談所に迷っている方に強くおすすめしたいです。

スマホアプリ型の仲介人型結婚相談所

オンライン完結サービスのスマホの結婚相談所【naco-do】というサービスも使い勝手の良いサービスです。
オンラインを上手に使いつつ仲介人もいて相談にも乗ってもらえるので成婚率の高い結婚相談所です。
コスパを求めたいという方には非常におすすめできるサービスです。
naco-doのメリットなんといっても成婚料が無料なところです。
アプリであっても分からないことがあれば、相談に乗ってくれる担当さんが付いてくれるのは大きな利点です。

婚活必勝法

上記でご案内したULP結婚相談所とスマホ型の結婚相談所naco-doを同時進行で利用する方法です。
naco-doの利用費用が安いので同時に利用することで、出会いのチャンスも倍になりますし、仮交際の相手も増やすことが可能になります。

素敵な出会いがあることを願っております。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる