結婚式に招待された際、ご祝儀はいくら包めばいい?迷った際の年齢別相場 欠席の際の対応方法も。

目次

一般的なご祝儀の相場

20代ゲストの場合は

新郎新婦との間柄ご祝儀相場(万円)ご祝儀平均(万円)
友人1or32.5
上司33
同僚1or32.5
親族・恩師1or32.5

30代以上の場合

新郎新婦との間柄ご祝儀相場(万円)ご祝儀平均(万円)
友人33
上司3or53.8
同僚33
親族・恩師55

【ご祝儀のあれこれ】
基本奇数(万円)
式場のレベルにも寄りますが、3万円包んでおけば問題ありません。
結婚式でゲスト1名にかかる平均値は2.5万円とされています。
これを賄ってあげるのがご祝儀というわけです。

最近は20代であれば軽食スタイルなどの結婚式が増えているのでその場合は1万円でもいいと思います。
30代以上であれば素直に3or5万包みましょう(笑)

偶数&9万円はNG 偶数でも8万円は喜ばれる
偶数は割り切れる(別れ) 9万円は「苦」を意味するので嫌われます。
しかし偶数の8万円は「末広がり」という意味が喜ばれます(金額的にも)

家族で招待された場合は?

家族で招待された場合は、5万or7万を包むのが一般的です。
20代の夫婦の場合は5万円が一般的です。

欠席する場合は?

招待状が来て様々な理由で欠席する場合も、基本ご祝儀を包みます。
相場的には1万円程度です。前もって手渡しか、現金書留で送りましょう。


急遽キャンセルの場合はお詫びの意味も込めて3万円を包むのが一般的です。

招待状無視は縁が切れると思って間違いなしです。そのご覚悟で!

【この記事を読まれている方はこちらの記事も読まれています】
一生に一度(?)の結婚式を賢く最高に成功させるためにこれだけはやっておけ&失敗しない為のサービスご紹介 関西編

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる