かんぽ保険不正問題で解雇された局員2名が日本郵政を提訴 権利の主張は合法だが、加害者だということを忘れるな!

目次

社員としての地位確認と解雇後賃金の支払いを求める

かんぽ生命保険&日本郵政の保険の不正販売に関与したとして解雇された札幌の元社員2名が、処分が重すぎるとして日本郵政を提訴したそうです。
雇用の問題は当事者間の問題なので触れませんが、ミルシルが言いたいのは「お前らは被害者ではない」ということです。


被害者への救済は完了していない

不正営業の犠牲となりもらえるはずのものがもらえなかった人たちの救済は進んでいないようです。
救済は全額の保証、詐欺的営業で無効化された保険と同様の保証の確保、無駄に支払われた分の完全返金を日本郵政が全て行わなければいけません。
被害者は高齢者が多いことから死亡によってうやむやになっているものも調べ上げて遺族に返金されるべきです。

【かんぽ生命保険 返金に関する関連記事】
かんぽ全顧客に意向確認 2900万件、不満なら返金も

「保険料800万」実は4000万円 郵便局員不正営業に批判相次ぐ 持病伏せ加入促す 返金時に“口止め”か

かんぽ生命の不適切販売問題とは?被害者にならないための回避策は?

かんぽ生保の不正販売被害 外部相談機関も活用を

【かんぽ生命 不適切販売に関する関連記事】
かんぽ生命の「不適切販売」は何がまずかったのか。保険契約者がすべきこととは?

かんぽ生命の不適切販売 背景に何が?

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる