鹿児島県南さつま市と南九州市を流れる万之瀬川で氾濫危険水位突破

目次

万之瀬川・万之瀬橋水位観測所で氾濫危険水位突破

鹿児島県南さつま市と南九州市を流れる万之瀬川では氾濫危険水位を突破し危険な状態となっている箇所があります。

万之瀬川・万之瀬橋水位観測所(南さつま市)の8/17 午前10時の状況です。画像は国土交通省・川の防災情報より。

水位の状況です。
氾濫危険水位を大きく超過している様子が分かります。

気象庁の発表文

【警戒レベル4相当】万之瀬川の万之瀬橋水位観測所(南さつま市)では、17日07時10分頃に、避難指示の発令の目安となる「氾濫危険水位」に到達しました。南さつま市では、万之瀬川の堤防決壊等による氾濫により、浸水するおそれがあります。市町村からの避難情報を確認するとともに、各自安全確保を図るなど、適切な防災行動をとって下さい。

【警戒レベル3相当】加世田川の日新橋水位観測所(南さつま市)では、当分の間、高齢者等避難等の発令の目安となる「避難判断水位」を超える水位が続く見込みです。引き続き、市町村からの避難情報に十分注意するとともに、適切な防災行動をとって下さい。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる