東日本の新型コロナウイルス変異株 ワクチンの効果を低下させる変異株だと判明!死亡率は以前のものより高い恐れ

目次

1ヶ月弱で1000名以上の増加

仙台では検体の8割以上がワクチン効果を低下させると懸念されている変異株
関東地方も同様の結果となっていることを厚生労働省が発表しています。
この変異株が急激に増加しているとのことです。

【関西の変異株は?】
大阪・兵庫などは英国、南アフリカ、ブラジル由来の変異株が殆どとのこと。

【国立感染症研究所が変異株について情報公開】
感染・伝播性の増加や抗原性の変化が懸念される 新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)の新規変異株について (第8報)

関西で流行している英国由来の変異株は報道通り、感染力が非常に高いという結果が出ているとの事です。

関東や東北で増加している変異株は感染力は英国由来より低いが、死亡率等は高くなる可能性があるとレポートされています。


自衛あるのみ

国の対策は後手後手なので感染しないように自衛する以外感染から逃れる方法はありません。
意味のない会合、外食は極力避けるべきです。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる