中国恒大集団の破綻危機は同業企業にも波及!新力控股集団がデフォルト危機

目次

ドル建て債2億5000万ドルの利払い出来ず

中国恒大集団の破綻危機は同業企業にも波及しています。
同業の不動産開発企業である新力控股集団も恒大同様にデフォルト危機に突入しています。
新力はドル建て債の2億5000万ドルの利払い期限だった18日までに支払いが出来ず、猶予期間に突入しました。

格付け会社S&Pグローバル・レーティングは新力の格付けを「CC」から「選択的デフォルト(SD)」まで引き下げています。

花様年控股はあと2週足らずでデフォルト

これも同業企業ですが、花様年控股は10月初旬にデフォルト危機に陥っており、恒大、新力同様にデフォルトとなることが濃厚となっています。


中国のルールによる処理は許されない

中国人民銀行は国内の債権者の権利を守る発言をしていますが、それはドル建ての債権者は含まれていないようです。
中国のペースで中国のやりたいように処理をすることはドル建て債権額からみて認められるものではありません。
中国の出方次第ではさらに孤立化が進む自体になりそうですね。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる