新型コロナウイルスに感染した子供が合併症で発症する可能性のある小児多系統炎症性症候群(MIS-C)についてご紹介!

目次

小児多系統炎症性症候群(MIS-C)

小児多系統炎症性症候群(MIS-C)は長引く高熱、皮膚の発疹、リンパ節の腫れ、下痢、炎症性バイオマーカーの上昇など川崎病に似た症状の病気です。
全身の血管が炎症を起こす事で発病した方は非常に苦しい思いをする事になってしまいます。

40度程度の発熱が数週間続く事もあり、小さな子供であっても体重が大幅に減少するなど、非常に厳しい疾患です。


【新型コロナに感染した未成年者が小児多系統炎症性症候群(MIS-C)を発症した例】

40度の熱が2週間…「僕は死ぬの?」小6の涙 コロナ後遺症に注意

新型コロナ感染の子供に起きる合併症MIS-C、米国では白人以外に多数

【子供は重症化しないから大丈夫!と考える人は意識が低すぎる低能】
子供は重症化しないから大丈夫などと考えて、留守番出来る年齢の子供でもスーパーなどでの買い物に連れてくるなどしている無能な大人がいますが、意識低すぎです。
あなたの子供、その年齢で留守番も出来ない無能なんですか?

原因は不明 稀に起こる重篤な合併症として扱われている

新型コロナウイルスは血管親和性が高く、小児多系統炎症性症候群(MIS-C)に関しても新型コロナ感染が引き起こすと想定されていますが、未だに詳しくは調べられていないようです。


子供にうつさない そのためにワクチン接種は確実に!

子供たちに新型コロナをうつす事がないように私達大人が出来ることの大きな事にワクチン接種の徹底があります。
しかしファイザーやモデルナの副反応や今後何度も接種しなければいけなくなるような状況に恐怖を覚えている方も多いと思います。
そのような方には国産ワクチンをおすすめします。

国産ワクチンはmRNA方式とは違い抗原を接種するため、副反応が起こりにくいというメリットがあります。

ですのでmRNA型の海外製ワクチンが怖いというなら、非mRNA方式を取っている国産ワクチンを打つという手があります。
治験でも接種証明書が取れるのでワクチンパスポートになっても同様に取得できると思われます。

ワクチン未接種の方で20歳以上の方は国産コロナワクチンの治験に参加することが出来ます。
①治験参加で国産ワクチンの接種が出来ます
②医療機関でメリット・デメリットを丁寧に分かりやすく説明を受けられます。
③説明を聞いたあとにキャンセルも自由
④治験参加後のアフターフォローもしっかり!
⑤負担軽減費(数万円程度)が支給されます。
⑥基礎疾患のある方をしっかりフォロー むしろ歓迎されます。
この条件で国産ワクチンを打てるのは治験期間の今だけです!

事前検診は10月に入ってからとなるようです!
事前検診後に国産ワクチン治験接種を受けることが出来ます

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる