血液検査で分かる事!血液検査は自分の体の通知表 年4回検査で大病を回避しよう

目次

血液検査で分かるものの代表は?

貧血、肝臓の異常、腎臓の異常、高脂血症、糖尿病などの疾患は血液検査ですぐに判明します。

肝臓系

【総蛋白】(単位 g/dL)
血中の総蛋白量を検査します。
数値が低い場合に疑われるもの(6.1以下):栄養障害・ネフローゼ症候群・がん
数値が高い場合に疑われるもの (8.4以上):多発性骨髄腫、慢性炎症、脱水

【アルブミン】(単位 g/dL)
異常数値(3.6以下)で疑われるもの:肝臓障害、栄養不足、ネフローゼ症候群

【AST(GOT)およびにALT(GPT)】(単位 U/L ユニットパーリットル)
ASTは心臓、筋肉、肝臓に多く含まれる酵素
ALTは肝臓内に多く含まれる酵素

AST(GOT)およびにALT(GPT)の数値が高い場合に疑われるもの(51以上):急性肝炎、慢性肝炎、脂肪肝、肝臓がん、アルコール性肝炎

AST(GOT)のみ高い場合疑われるもの:心筋梗塞、筋肉疾患

【γ-GTP】(単位 U/L ユニットパーリットル)
肝臓や胆道に異常があるとγ-GTPの数値が上昇します。
γ-GTPの数値が高い場合に疑われること(101以上):アルコール性肝障害、慢性肝炎、胆汁うっ滞、薬剤性肝障害


腎臓系

【クレアチニン(Cr)】(単位 ㎎/dL)
腎臓機能が低下すると数値が上昇します。
男性正常値:1.00以下 男性要注意値:1.01-1.29 男性異常値:1.30以上
女性正常値:0.70以下 女性要注意値:0.71-0.99 女性異常値:1.00以上

【eGFR(イージーエフアール)】(単位 mL/分/1.73㎡による)
クレアチニン値を性別,年齢などによる要素で補正して算出した数値です。腎機能が低下すると数値が低くなります。
正常値60.00以上
要注意45.0-59.9
異常値44.9以下

【尿酸(UA)】(単位 ㎎/dL)
尿酸はプリン体の代謝後の数値です。数値が高いと痛風や心血管疾患、慢性腎臓病などのリスクが高まります
尿酸値が低い場合で疑われるもの(2.0以下):低尿酸血症
尿酸値が高い場合で疑われるもの(7.1以上):高尿酸血症

脂質系検査

【HDLコレステロール】(単位 ㎎/dL) 
善玉コレステロールです。数値が低いと動脈硬化のリスクが高まります。
異常値(29以下)要注意値(30~39)

【LDLコレステロール】(単位 ㎎/dL) 
悪玉コレステロールです。数値が高いと動脈硬化や心筋梗塞・脳梗塞のリスクが高まります。
異常値(180以上)
要注意値(120~179)
LDLの数値が低い(59以下)に疑われるもの:肝機能の低下・副腎皮質機能低下症(アジソン病など)・甲状腺機能亢進症(バセドウ病など)

【中性脂肪(TG)(トリグリセリド)】(単位 ㎎/dL)
数値が高くなると(要注意150~499)(異常500以上)動脈硬化のリスクが高まります。
数値が低い場合(29以下)は低栄養や低βリポたんぱく血症が疑われます。

【Non-HDLコレステロール】(単位 ㎎/dL)
動脈硬化を引き起こすコレステロールの数値です。
数値が高い(要注意150~209)(異常210以上)と動脈硬化や脂質代謝異常、甲状腺機能低下症、家族性高脂血症が疑われます。
数値が低い(89以下)場合は栄養吸収障害や低βリポたんぱく血症、酷いものだと肝硬変が疑われます。


糖の代謝系検査

【血糖値(FPG)】(単位 ㎎/dL)
数値が高い場合(要注意100-125)(異常126以上)は高いレベルで糖尿病が疑われ、膵臓癌、ホルモン異常も同時に疑います。

【HbA1c】(単位 %)
糖尿病の場合はこの数値で状態が判別可能です。
空腹時の血糖値(FPG)が126mg/dL以上かつHbA1c6.5%以上の場合は正式に糖尿病と診断されます。

血球系検査

【赤血球(RBC)】
数値が高い場合:多血症や睡眠時無呼吸症候群などを疑います。また喫煙者は数値が高い傾向があります。
数値が低い場合:臓器内出血などを疑います。女性の場合は生理中に検査をした場合低くなります。

【血色素(Hb)(ヘモグロビン)】
酸素を体内で運搬している蛋白質です。
男性基準値:13.1~16.3g/dL
女性基準値:12.1~14.5g/dL
数値が高い場合:多血症、脱水を疑います。高ストレスが続いていても数値が上がります。
数値が低い場合:鉄欠乏性貧血、慢性出血性貧血などを疑います。

【ヘマトクリット(Ht)】
一定量の血液中に含まれる赤血球の容積を示しています。
成人男性で40~50%、成人女性で34~45%が基準値とされています。
数値が低い場合は貧血が疑われます。

【MCV・MCH・MCHC】
MCV=赤血球1個当たりの平均的な大きさの値
MCH=赤血球1個当たりに含まれるヘモグロビンの平均量
MCHC=赤血球1個当たりの、ヘモグロビン平均濃度
MCV基準値:85~102fL
MCH基準値:28~34pg
MCHC基準値:30.2~35.1%
例としてMCVが高値でMCHC正常な場合;お酒の飲みすぎが疑われます。

MCV正常・MCHC正常であっても他の検査で貧血と診断された場合:再生不良性貧血の可能性があります

【白血球(WBC)】(単位 103/μL)
数値が高い(要注意8.5~9.9)(以上10以上)は細菌感染症や炎症や腫瘍を疑います。喫煙者は数値が高いです。
数値が低い(異常3.0以下)の場合は再生不良性貧血やウイルス感染症、薬物アレルギーを疑います。

【血小板数(PLT)】(単位 104/μL)
基準値(14.5~32.9)
数値が高い場合(要注意33.0~39.9)(異常40以上):血小板血症、鉄欠乏性貧血を疑います。
数値が低い場合(要注意10.0~14.4)(異常9.9以下):再生不良性貧血・特発性血小板減少性紫斑病・肝硬変などを疑います。

炎症検査

【CRP】(単位 ㎎/dL)
体内の炎症や腫瘍などで生成される蛋白質の量を調べます。
数値が高い(1.00以上):悪性腫瘍などが体内にある可能性が高いです。

簡単に血液検査が出来ます!ご覧下さい

①簡単採血キットで楽に検体用の血液が採取出来ます。
②結果は専用アプリに届くので出向く必要なし
③精度は病院の血液検査と同等
④新型コロナウイルス抗体検査も可能!
病院に行く時間がない方もまずは血液で自分の体の状態を知ることが出来ます。
異常があれば即病院へ! 貴方の命は貴方が積極的に守るものです。使えるものを活用しましょう!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる