旭川女子中学生いじめ凍死事件、北星中学校と旭川市教育委員会がいじめと分かっていて全力スルーした事が死に繋がった事が確定

目次

学校側に「死にたい」と電話

今年の3月旭川市の公園で、当時中学2年生だった廣瀬爽彩さんが凍死した事件で、廣瀬さんは死亡前、自殺未遂をした川の中で学校側に「死にたい」と直接訴えていた事が判明しました。

北海道教育委員会は「客観的にみて、いじめが疑われる状況」と判断し北星中学校側に対応するように指導を行っていたものの北星中学校と旭川市教育委員会は全力スルーしたようです。

北星中学校の校長の名前は?

北星中学校の当時の校長は金子圭一氏
道の教育委員会からの指導があったにも関わらず対処しなかったは大きな責任問題だと思われます。

旭川市教育委員会の長の名前は?

旭川市教育委員会の長の名前は黒蕨真一氏
いじめの完全スルーを旭川市教育委員会をしたことを北海道教育委員会が認めているわけで、この教育長が無能であることは確定していますよね。

加害者とそれを守る人間に罰を

加害者を守るようなシステムがあってはいけません。
責任の所在をしっかりとし、加害者は完璧に罪を償う必要があります。
罪を償わずに未来を得ようなどと考えない事です。
逃げ切れるとか思わないことです。加害者が逃げようとするのであれば私刑行為も合法と考えてもいいですね

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる