旭川女子中学生いじめ問題 教頭「加害者にも未来があるんです」低レベルな教育者に批判集まる

目次

教頭の「加害者にも未来があるんです」

旭川市の公園で女子中学生が遺体で発見され、学校でいじめを受けていた事が確定している廣瀬爽彩さんの遺族が、手記を公開しました。学校が大好きだった爽彩さんの死までの様子と、 爽彩さんが死を選択する前に既に学校と対峙していたことが明かされています。

午前3時に泣きじゃくりながら「先輩に呼ばれている」といった件では担任の
「真夜中に呼んだだけなので気にしないでください」
とのあっけない受け答え。

「お母さん、死にたい」という言葉には
「思春期ですからよくあることですよ」と担任は無責任にも答えたそうです。


【担任の特定に動かれているサイトさん】
以下のサイトで担任などの情報の特定作業が行われています。

地元の小中学生に囲まれ、ウッペツ川に飛び込んだ事件のあとには

北星中学校の教頭の言葉
「いたずらが行き過ぎただけで、悪意はなかった」
「加害者にも未来があるんです」

教頭は加害者にも未来があるとのたまったそうです。本当に無能な教頭だと思います。
自分の子供でも同じことをのたまれるのでしょうか?
この教頭も死んだほうがいいですね。

「10人の加害者の未来と、1人の被害者の未来、どっちが大切ですか。10人ですよ。1人のために10人の未来をつぶしていいんですか。どっちが将来の日本のためになりますか。もう一度、冷静に考えてみてください」

北星中学校の教頭は
「10人の加害者の未来と、1人の被害者の未来、どっちが大切ですか。10人ですよ。1人のために10人の未来をつぶしていいんですか。どっちが将来の日本のためになりますか。もう一度、冷静に考えてみてください」
とものたまったようです。

ふざけてますね。
これについては現在ネットも騒然としており、ありえない言葉として炎上しています。

1人の被害者を救済した上で10人の加害者の未来を考えるべきで、被害者が救われていない時点で加害者10人の未来は存在しません!被害者の爽彩さんが死を選んだことで加害者の未来は潰されるべき未来となったのは間違いありません。

このイジメ事件が風化して忘れ去られるような事があってはいけません。
定期的に扱い、加害者たちの未来が悪い方向へ向かうようにお手伝いをしようと思います。

弁護団への情報提供等

遺族代理人をされているのは石田達也弁護士です。
大津中2いじめ自殺裁判で実績のあるチームですね。
どんな情報でも情報がほしいとの事なので、知っている情報は伝えるようにしましょう。

北星中でこの事件に関わった人、特に加害者側はとことん追い込まれます。
加害者は一家離散まで追い込まれます。どうぞお楽しみに
北海道から出て逃げても無駄ですよ?

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる