3回目の給付金を決めたアメリカとたった10万を1回の日本の差

目次

1人あたり最大15万円の給付金を決めたアメリカ

米国上院にて新型コロナウイルスに関連して1人あたり最大15万円という給付金が決定しましたね。
アメリカさんの給付金はこれが3回目です。
1回目は1200ドル 2回目は600ドル そして今回の1400ドルです。
年収によって給付額が違い、年収8万ドル以上は除外されます。

たった10万配ってあとは不平等な協力金だけの日本

日本はたった10万配って終了の気配が漂ってますね。
飲食店などの協力金は不平等ですし本当に福祉後進国って感じです。
世界トップクラスの財政政策をしていると政府は胸を張りますが、
国民の生活にその恩恵は殆ど出ていません。
国民生活に良好な影響が出ていないのに財政政策でドヤ顔とかどこの痴呆老人どもでしょうか?

給付金は国の借金 そりゃそうですが・・・

こういう世の中ですから予算は国民に向けてシフトしてもいいと思うのです。
ODA関連の支出あたりをガッツリと減らす時期に来ているのではないでしょうか?
特に無償資金協力は廃止するべきです。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる