国民の生活は良くなっていないのに高値圏の株価 仮にもう1段高があっても逆回転時の破壊力が増すだけだと思われる

2021年6月14日の日経平均の終値は29,161.80で引けましたね。世界規模の金融緩和による恩恵を受けて上がっただけの中身のない相場が続いています。

目次

世界規模の金融緩和の終了で元の木阿弥

今の株高は日本経済が上向いているわけでも、アベノミクスの成功でもなく、元々緩和状態だった金融規制がコロナ禍によってさらに緩和されただけで作られたいわばまがい物の相場です。

実際価格が付いているのでまがい物という表現はおかしいかもしれませんが、経済の状況が決して良くない状況でバブル時以来の3万円台を記録しており、中身の伴わない高値を記録している企業が多々あるのも事実です。

金融緩和の終了時に待っているのはどのような世界でしょうか?
ミルシルズ的には2万円を切り実績なき企業はこれまでにない危機を迎える展開になると予想しています。

完全淘汰の時代へ

金融緩和終了となると、金融の世界の中のお金が徐々に小さくなっていき、それを奪い合う状況となっていきます。
資金がパンクすれば、救済などされず即退場
完全淘汰の時代がやってきます。

緩く萎むか急に蒸発するかは米国&欧州次第

現在の膨れに膨れた偽物の世界が終わる時、緩く萎んでいくか、急に過大分が蒸発するかによって人々の生活への影響も違いが出てきます。
蒸発した場合は、投資に無関係だった人にもしわ寄せが及ぶでしょう。

どちらにしても今の世界は続きません、それが正しい方向への導きであり、マーケットの歴史でもあります。

逃げ遅れて屍になる人、機運を読んで我が世の春を謳歌する人、その運命を決める日はもうそこまで来ています。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる